丁寧に仕上げる

名刺いれ

チラシ程度の印刷物であれば、市販されているパソコンとプリンターがあり、それなりの心得があれば個人でも製作可能です。但し、そのチラシが商売に関するチラシであるのならば、個人でチラシ印刷するのは止めておいた方が良いでしょう。 個人で印刷するチラシと業者が印刷するチラシでは、仕上がりに大きな差があります。当然、業者が使用するプリンターの方が個人所有のプリンターよりも高性能ですから、印刷の発色が違います。また、業者が使用する用紙は、通常、個人では入手できない用紙ですから品質が違います。 そんな違いは些細なことだと感じてしまうかもしれませんが、その些細なことが致命傷になる場合もあることは認識すべきでしょう。なぜなら、チラシを見ただけで、その企業や店舗の姿勢、状況等を推測することができるからです。 ですから、たかがチラシだと侮ることはせずに、チラシ印刷は業者に任せた方が良いのです。

現在、業者が行っているチラシ印刷は、基本的に個人で行うチラシ印刷と同じシステムで行われています。つまり、パソコンでデータを作成し、プリンターで印刷しているのです。もちろん前述したとおり、プリンターは市販品よりも高性能なプリンターを使用しています。ただ、パソコンに関しては、高性能ではあるのですが、市販品を使用しています。 つまり、業者と個人の違いはプリンターだけなのです。ということは、データ作成は個人でも十分可能ということになります。個人でチラシ印刷できるのならば、当然、データ作成もできることでしょう。実際、データの持ち込みを認め、印刷のみを請け負っている業者も数多く存在しています。 データを作成して持ち込み、印刷のみの発注とするのならば、データ作成料がかかりませんから、その分、費用を安くすることができます。